汗の量とニオイを抑えるための対策とは?

汗の量とニオイを抑えるための対策とは?

汗の量とニオイを抑えるための対策とは?

暑い時期になってきて汗をかきやすくなると、ワキガの臭いなどが気になってしまいます。

 

自分自身の臭いはあまりわからなず、自覚症状がでにくいので、知らず知らずのうちに周囲の人に迷惑をかけていたりするなんてこともよくあります。
発汗によるワキ臭へのお勧めの対策法を何点か挙げてみます

 

看護師

 

臭いのキツイ食べ物に気をつける

 

臭いがキツイ食べものや、体内に入ってから臭いがするものをできるだけ控えることが大事です。
体内に入ってから臭いがキツクなるものの代表例はニンニクとかです。
餃子に入ってたり、ラーメンにもすりおろしたものがのってたり、スタミナがつくということで頻繁に入ってたりするので、外食好きな人は知らず知らずのうちに摂取していることが多いので、意識して避ける必要があります。

 

発汗作用のある食べ物は控える

 

食べ物の話が続いてしまいますが、刺激の強いもの、特に辛いものや熱いものを食べると、かなりの汗をかいてしまいます。

 

実際自分自身がラーメンを食べたり、熱い鍋を食べたり、辛口のカレーを食べてる姿を思い出していただければ、わかってもらえると思います。
そういった食べ物ほどクセになるような美味しさがありますが、できるだけ外出時にそういうものは食べないようにするのがお勧めです。

 

ワキガ対策に脇毛を処理してみる

 

若い女性は薄着になる季節だと処理してる方も多いと思いますが、中高年の女性や男性全般は、脇毛の処理をおろそかにしがちなので、要注意です。
実際脇毛の脱毛をしたことある人は、わかると思いますが、ワキの臭いがすごく減ります。

 

脇にかいた汗が蒸発する時に雑菌が繁殖してしまい、それが臭いの元となってしまうわけですが、
脇毛に汗が付着すると空気に触れる表面積が増えることになってしまい、雑菌の繁殖量が増え、それが臭いをキツクしてしまいます。

 

対策としては脱毛がお勧めです。
家電量販店で売ってる電気脱毛機でも十分脱毛できますし、3週間〜一ヶ月おきぐらいにすればいいだけなので、処理も楽です。

 

 

以上のように、いつも食べてるものを気にしてみたり、脇の脱毛をしてみたりすることで、かなりワキガを抑えることができるので、気になる方は一度試してみてください。
ラポマインという消臭スプレーも良いですよ。市販の制汗剤にはない効果を体験することができるでしょう。