職場で体臭や口臭が酷いと上司に嫌われて悲しいことに

職場で体臭や口臭が酷いと上司に嫌われて悲しいことに

職場で体臭や口臭が酷いと上司に嫌われて悲しいことに

職場などにおいて嫌な臭いを発している人がいると、本当に萎えてしまうものです。

 

そのことは体臭に限らず、口臭などについても全く同じです。我々はもっと嫌な体臭を放ってしまわないように気をつけなければなりません。その理由についてこれから詳しく説明します。まず本当に大きな損をしてしまうからです。私の親しい友人にそのような人がいました。彼は本当に酷い体臭をずっと放ち続けていました。そのため職場においても上司に嫌われてしまい、そのことが貴重な正社員の職を失う要因となってしまいました。

 

しかも上司からは、他の従業員も見ている所で、体臭に関して厳しい説教をしたようです。これは屈辱意外の何者でもありません。また彼は同時に友達までも失ってしまいました。彼とミュージシャンのライブなどの体を密着させる所に行くと、とてつもなく苦しい地獄となるようです。また大人になると、遊ぶということの大半は居酒屋などにおいて食事とお酒を楽しむことになる場合が多いです。当然食事が不味くなってしまうということです。

 

これだけのデメリットがあると、たとえどんなに良いヤツであったとしても、友達関係を持続することは不可能なのです。また私自身も汗臭いということを執拗に言われてイジメに遭ってしまった経験が学生時代にあります。イジメの標的になってしまいそうな時は、狙われる隙や弱点を表してはいけません。そんな時に致命傷となってしまうものが体臭なのです。因みにその経験をきっかけに、私は毎日お風呂でこれでもかというぐらいに体を執拗に洗うようになりました。

 

夏場は必ず常に制汗スプレーを持ち歩くようになりました。ここまで述べてきたことからもわかりますが、自分の体臭は周りの人に迷惑をかけることにもなってしまいます。このことも勿論、体臭に気をつけなければいけない理由です。最後にまとめると、他人にも迷惑をかける上に自分でもたくさんのデメリットを被ってしまうため、体臭には気をつけなければいけないということです。